こちらのページをご覧くださりありがとうございます。
ADAコインをお持ちの方で、手軽に作成でき、またステーキングもされたいならYoroi(ヨロイウォレット)がお勧めです。
ここでは、Yoroiの設定方法から委任までご説明いたします。

前提条件

こちらの方法を使用するためには、PCのブラウザがChromeである必要があります。Yoroiは、Chromeの拡張機能であるためです。Chromeは以下リンクからインストールできます!

Chromeに拡張機能Yoroiを導入する

①まずはYoroiをインストールができるウェブサイトを表示します。
以下のリンクをクリックしてください。

(もし、上記URLがリンク切れでしたら、検索サイトで「Chrome 拡張機能」と入力し、「Chrome ウェブストア」を表示してください。)

②図の赤丸の部分に「yoroi」と入力して検索します。

③Yoroiをクリックします。

④画面右上の「Chromeに追加」をクリックします。

⑤「拡張機能を追加」をクリックします。

⑥無事にYoroiがChromeに追加されました!

Yoroiの基本設定を行う

①Chromeの画面右上のジグソーパズルのアイコンをクリックし、「Yoroi」をクリックします。

②使用する言語を選択し、「Continue」をクリックします。

④利用規約を読み、チェックをし、「次へ」をクリックします。

⑤ウォレットのインターフェイスを選択します。
ここでは、委任初心者を対象としているため「簡易な表示」をクリックします。
※2021年2月時点ですが、どちらを選択しても大差ありません。

⑥「スキップ」をクリックします。

⑦「確認」をクリックします。

おめでとうございます!無事に基本設定が終わりました。

Yoroiでウォレットを作成する

①「ウォレットを作成する」をクリックします。
※「ウォレットを復元する」は、以前Yoroiやダイダロスのウォレットを使用したことのあるユーザーが、再度ウォレットを使用したい時にクリックします。

②「Cardano」をクリックします。

③「ウォレットを作成する」をクリックします。

④「ウォレット名」「送金パスワード」を入力します。
「ウォレット名」は、ご自身の好きな名前を付けてください。再度復元するまでは、ウォレット名を変更することはできませんので、分かりやすい名前を入力してください。
「送金パスワード」は、絶対に忘れないようにしてください。パスワードを忘れた場合、ウォレットを復元するしかありません。

⑤チェックをし、「次へ」を入力します。
※この次がもっとも大事な単語の列(「復元フレーズ」といいます)になります。画面に書いてある通り、他の人に絶対に見られないようにしてください。復元フレーズが他者に漏れてしまうと、自身の資産が奪われる可能性があります。

⑥復元フレーズを紙などに控えます。(コピー&ペーストはできないようになっています)控えたパスワードも厳重に保管しましょう。その後、「はい、書き留めました」をクリックします。
以下の画像では一部黒塗りがしてありますが、実際はこの黒塗りされた部分に単語が複数記されています。
※ファイルに保存するのはお勧めしません。万が一コンピュータウイルスに感染したり、パソコンが突然壊れてしまう可能性があるからです。どうしても電子データに保存したい場合は、パスワード付きUSBなどがお勧めです。

※絶対に間違いのないように、丁寧に確認してください。こちらの復元フレーズを忘れると、自身の資産を復元できなくなります。

⑦復元フレーズを確認します。
先ほどの復元フレーズの順番に、単語をクリックしてください。
以下の画像では、プライバシーのために黒塗りしていますが、黒塗り下部分に単語が記されています。

⑧チェックをして、「確認」をクリックします。

お疲れ雅でした!
新しいウォレットが作成され、ダッシュボードが表示されました。

YoroiでAichi Stake Poolに委任する

もう少しで委任作業が終わりです。がんばってください!

①まずは作成したウォレットにADAを送金します。
「受信」をクリックします。「受信」というのは、ADAを受信、つまりウォレットに入れる作業になります。

②ウォレットのアドレスが表示されますので、取引所から送金します。
アドレスの隣のコピーボタンをクリックすると、送金の際便利です。

③送金後しばらく待つと、画面右上の欄にADAが入金されます。
しばらく待っても入金表示が無い場合は、「ページの再読み込み」ボタンを押してみてください。
※送金までの時間は取引所によって異なりますが、送金時間自体はADAコインはかなり早いです。30秒もかかりません。

④画面右上の「Delegation List」をクリック。
検索ウィンドウに「AICHI」(小文字でもOK)と入力してEnterキーを押す。
「Aichi Stake Pool」が出てくることを確認し、右端の「Delegate」をクリック。

⑤現れたウインドウの右端のスクロールバーを動かし、「送金パスワード」を入力し、「委任」を押せば完了です!
※「送金パスワード」は、
「Yoroiでウォレットを作成する」の手順④で設定したパスワードです。
※「金額」は、送金する金額から手数料を引いた額が表示されます。

おめでとうございます!これで委任が完了しました。

※ダッシュボードで
「Stakeing key isn’t registered,so you won’t get rewards」
と表示される場合は、再読み込みボタンを押すと解消されるようです。

再読み込みボタンを押すと、無事エラーメッセージが消えました!

お疲れさまでした!2エポック後(5~10日後)のブロック生成からあなたの委任が有効となり、さらに2エポック後(10日後)に報酬が入ります。

心に残る翻訳を目指しています

この記事が気に入りましたら、ステーキングの委任はぜひAichi/Tokai Stake Poolへお願いします。
1ADAからでもOKです!励みになります。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP