Atala PRISM
個人情報をデジタル化・経済に信頼を与える分散型IDソリューション

現状の問題点

現在の個人情報管理は、機密情報を保存・保護するため、企業に多くの手間とコストがかかります。例えば政府は、紙ベースの古典的な作業で情報を登録していますし、また個人情報の流出などの事件などが数多く起こっています。これらの問題に都度対応していくのは非効率です。
また日本でも、いろいろなサービスの情報漏洩が問題となっていますね。サービスの利用者は、自分の情報がどのように利用されるのか、同意なしに第三者に流出しないかという心配を常に感じています。

Atala PRISMの利点

公共・民間サービスの即時アクセスとログインを可能にします。また、個人情報の管理については顔認証・指紋やPINコードを使用するので、アクセスできるのは個人だけです。情報の漏洩や盗難などの心配も必要ありません。これにより、不正が大幅に減少します。事務処理を排除し、代わりに安全なデジタル化をもたらします。

Atala PRISMとCardano

Atala PRISMは、Cardanoのブロックチェーンで作られています。これにより、データを安全に他の個人または組織と共有することができます。Cardanoブロックチェーンは、安全性が高く、長期的な持続可能性を実現するように設計されているため、デジタルIDを保存するのに理想的です。

Atala PRISMのユースケース

見るよりも体験した方が早いと思います。以下のサイトで、Atala PRISMをダウンロードし、デジタルIDでどんなことができるのか体験できます。(現在の体験版ではごく一部の機能しか使えませんが、今後機能が増えると思います)

以下に一例を挙げます。

(個人)公共交通機関の利用、市税の支払い、地域の問題への投票などがこれまでになく簡単・低価格になる
(個人)ID、ライセンス、資格などの重要な資格情報をすべて、安全で持ち運び可能スマホに保存
(個人)さまざまなサービスに即座にログインできる。フォーム、パスワードなどの入力の必要なし
(企業)求人応募を受け付け、応募者の資格情報を即座に確認する
(政府)市民の認証時間や、サービスの登録時間を減らして、サービスの効率を改善する
(医療)健康保険証を安全に発行
(教育)学校の考査の点数の管理、大学の学位の証明
(教育)自己の成功している部分と改善すべき部分をピンポイントで知る

他にもたくさんありますが、これだけでもすごみが感じられますよね。

最後に

記事を読んでいるといろいろとAtala PRISMのすごみが認識できてきませんか?

例えば、住民票の写し1つを取得するだけでも、今の日本では市役所(またはそれに準ずる施設)に行って必要な書類を書き、発行手数料を払っています。人によっては相当な時間がかかりますし、また手間もかかります。これがスマホ1つで解決するとなると、大幅に時間の節約ができます。

就職活動なども、履歴書を何枚も書く時間の省略もできます。企業側も、応募者の資格情報がデジタル化されていれば、特定の資格を持っている応募者を検索したり、個人情報の管理が楽になると思います。

個人情報のデジタル化は情報の漏洩が心配でしょうが、こちらもCardanoブロックチェーン上で行われるのであれば、個人情報が分散化されておいてあり、匿名性を確保しやすくなっています。また、自分のデータにアクセスできるのは自分のみです。

もちろん、それ以外の政府・企業・教育面でも革新的なメリットがあります。アフリカスペシャルで大きく紹介されたAtala PRISM、アフリカの数年後・数十年後は驚くほど進化していると思います。エチオピアを起点として、多くの国が採用していくようなサービスです。IOHKをぜひ応援していきたいと思います。

【参考文献】(クリックで転送)
(1)Atala PRISM
(2)Input Output

ご覧いただきありがとうございました。追記・訂正などありましたら、以下のコメント欄もしくはDMやお問い合わせフォームから連絡をお願いします。

心に残る翻訳を目指しています

この記事が気に入りましたら、ステーキングの委任はぜひAichi/Tokai Stake Poolへお願いします。
1ADAからでもOKです!励みになります。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP