★2021年3月27日(土)オンラインミートアップで解説しました★

こんにちは、Aichi Stake Pool(ティッカー名:AICHI)のbeyondstandardです。
この記事は、ADAを所持している方のうち、初心者向けになります。
タイトルは、ずばり

あなたのADAは大丈夫?奪われるのは一瞬!
Charlesに怒られないようにするための資産防衛の基礎

です。主に詐欺案件の防止法になりますので、どうぞ短い間ではありますが、よろしくお願いいたします。

はじめに

ご存じの方もいるかと思いますが、主にayachanがCharlesさんの動画を翻訳して、みなさんに情報を発信しております。その中で、たった1回だけCharlesが怒号を視聴者に飛ばす!ということがあり、今でも印象に残っています。

2021年2月16日の「Giveaway Scams」というタイトルの動画です。
この動画の2分28秒から2分48秒くらいまでを見てみましょう。

beyondstandardにもよく聞き取れませんが、何やら珍しくCharlesがとっても怒っています。
途中で「We will not give away ADA!(私たちがADAをあげるわけがない!)」と連呼しています。

暗号資産界隈では常にあなたの資産を狙っている悪い人がいる

とお考え下さい。現時点でも、暗号資産に関する詐欺のニュースが出回っています。あなたが知らないどこかで、誰かが騙されているのです。しかし、助けてほしいと思ったときにはもう遅い。

盗まれるときは、一瞬です。

3月25日、このようなツイートを見かけました。ちょうどタイムリーな記事でしたので掲載します。ぜひ1度はご覧ください。

これはADAではないのですが、暗号資産の盗難事件でした。ADAコインの価格は2019年と比較して、20倍以上にもなっています。価値が高くなるということは、それだけ盗まれやすいということになります。

「怪しい」と思うニオイを感じ取る力をつけてください。

あなたが自分自身で詐欺を詐欺と見抜き、自分の資産を守り抜くためのコツを少しだけ伝授したいと思います。

詐欺の種類を知る

まずは、ADAコインでこれまでどんな詐欺があったのか、振り返ってみましょう。

(1)Give Away 詐欺

「百聞は一見に如かず」ということで、以下の動画をご覧ください。音声はありません。

これは、本当にCharlesさんが話している動画です。女性と対話していますね。どうやら、2月のADAコイン大躍進を受けてキャンペーンをしているように見える動画です。左下の四角で囲まれた文章をご覧ください。

Send 6000+ ADA to recieve 12000+ ADA back

と書かれています。倍額にして返すから6000ADA以上ここのアドレスにくださいね、というものです。

その時は、ライブ配信を見ている人数の表示は4000人を超えていました。チャールズさんが言っているなら本当だろうと、そのとき私も心を動かされましたが、頭をいったん冷やして、もう一度考えた時には詐欺だと気づきました。

チャールズさんは、以前に「We will not give away ADA!」と言っているから気づけました。

Charlesさんが動画で話している通り、Give Awayは絶対に行いません!!!信じ込まないでください。

(2)偽ウォレット詐欺

2021年2月時点で、このようなツイートが投稿されています。
左はダイダロスのモバイルアプリで、右はパソコン版?のダイダロス。
どちらも偽物だと書かれています。

偽物のウォレットで復元フレーズを入れると、復元フレーズが悪意のある人に送られ、ADAを盗まれてしまいます。

過去にはYoroiにも詐欺アプリがありました。

このような詐欺は、いつどこで起きるか分かりません。しかし、詐欺の手法を知っておくだけでもある程度の対処はできます。それでは、次に対処法を考えましょう。

詐欺にあわないようにするための考え方

(1)まず検索する

例えば、「ダイダロス ウォレット 詐欺」などのキーワードを入力しましょう。

詐欺アプリがある場合は、情報リテラシーが高い方が必ず警告記事を出してくれます。
先ほどのツイートなどがそれにあたります。

検索と言えばgoogleやyahooですが、Twitterがおすすめです。リアルタイムで警告記事が検索できます。特に金融関係のアプリの場合は、まず検索しましょう!

(2)公式サイトからアプリをダウンロードする

偽物のページでダウンロードして、必要事項(特に「復元フレーズ」)を入力してしまうと、相手に復元フレーズがばれてしまいます。気づいたときには、もう手遅れです。あなたの資産がすべて盗まれてしまいます。

ちなみに盗まれた場合の補償は全くと言っていいほどありません。

自分の身は自分で守りましょう!きちんと本物のページからダウンロードしてください。
以下はダイダロスウォレットの公式サイトです。

委任していて見守るだけで資産が安全に増えていく、ステーキングをあなたも体験しましょう!
ダイダロスウォレットの公式サイトはこちら(https:/daedaluswallet.io/ja)です。

(今はリンクは外していますが、実際のミートアップではリンクをクリックし、警告表示を見せました)

お分かりの方もいらっしゃると思いますが、上記公式サイトの誘導は詐欺です。

特に、直リンクには気を付けてください。

この管理人は本当に信頼できるのか?
もしかすると詐欺アプリをダウンロードする可能性は無いか?
フィッシング詐欺ではないか?

そういった可能性も考えるべきです。

特に、ダウンロードURLへの直リンクは危険です。

信頼できる、別のウェブページから行くこと(例:IOHKの公式サイトなど)
複数のダイダロスウォレットのサイトのドメインを確認すること。
信頼できるコミュニティのメンバーに相談すること。

なお、正規のDaedalusを1回でもダウンロードできれば、以後のアップデートはDaedalus自身が自動で行ってくれますので、検索する必要はありませんし、安心して利用することができます。

ここではDaedalusを例に挙げましたが、Yoroiでも同じことが言えます。特に直リンクは危険です。
たとえどんなに信頼できる方だとしても、リンクは必ず疑ってください。

(3)その他

・常日頃から情報サイトから正しい情報を仕入れておく
 (beyondstandardの場合、Charlesの言葉を思い出して詐欺と気づくことができました)
・信頼できるコミュニティに相談する
・有料のウイルス対策ソフトを導入する
・海外の違法サイトにはアクセスしない

なども一定の効果はあると思います。

あと、送られてくるメールの内容は注意して下さい。
基本的なことですが、いくつかキーワードを列挙しておきます。

・アカウントに関するもの

アカウントの更新期限がまもなく終了します。
以下のURLをクリックし、アカウントの更新手続きを行ってください。

・ログインに関するもの

あなたのアカウントが不正ログインされた可能性があります。
以下のURLをクリックし、アカウントアクティビティを確認してください。

・beyondstandardがもし詐欺師だったら、こんなメールにします。
 「やらなくてもいいけど、やったほうがいいよ」という優しいメール。


【 ▲▲暗号資産取引所 】
パスワードだけでログインしていませんか?
2段階認証を設定し、よりセキュリティを強化しましょう。
以下のURLをクリックし、設定してください。

なんとなく書いてあるURLをクリックすればいいかな、くらいに思っていると痛い目にあいます。

最後に

暗号資産を持った時点で、常にあなたは狙われています。これは実話ですが、私も2度ほどGive Away詐欺にひっかかりそうになりました。私もそれなりにコンピュータ・インターネットの経験がある方ですが、それでも動揺することはあります。

詐欺師は「今だけのキャンペーン!」「あなたのアカウントは凍結されました」などと謳って、あなたを焦らせて判断力を奪ってきます。ADAも2019年から価値が20倍以上になっています。詐欺師にとっては恰好のターゲットです。

初めに紹介したCharlesさんの動画で、しばらく、詐欺は落ち着くと思いますが

詐欺は忘れたころにやってきます!!!

上記では詐欺の手法・動画のレイアウトを載せましたが、また違った形で行われるでしょう。

再度記載しますが、Cardanoは絶対にGive awayを行いません!

ちなみに、Cardano初心者の方は、この流れでこんなことを書いても信じてもらえないかもしれませんが、ステーキングはノーリスク・ミドルリターンの資産形成の方法です。これは詐欺ではありません。

委任はどこでいくらだけしても自分のADAは減ることはありませんので、安心して委任してください。

しかし、詐欺に引っかかるとADAは全額奪われます!自分の資産は自分で守るしかありません。

正しい知識を得て、正しいステーキングライフを送りましょう!

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP