いつもと同じスタートが切れない日

皆さん、こんにちは。チャールズ・ホスキンソンです。今日、会社から帰宅したところで、キング・スーパー(King Supers)というアメリカのスーパーマーケットで銃撃事件があったことを知りました。私は事件のあったスーパーの常連です。週に2~3回は行って、コーヒーやモンスター・エナジー・ドリンクなどを買っていました。かれこれ3年以上もその店に通っていて、従業員の多くは顔見知りだし、そこに買い物に行くことが生活の一部になっていました。今のところ詳細は不明ですが、武装した容疑者により警察官を含む10人が殺害されたそうです。無差別の大量殺人と思われます。これは本当に悲劇的な出来事です。このような事件はニュースで見聞きこそしますが、こんな身近に起こるなんて。

私はこの国に欠けているのは「人間的な思いやり、共感」だと思います。お互いに理解し合うことが出来ず、お互いの状況を理解できない状態が放置されています。なぜ人が店や学校、教会で銃を乱射するのか分かりません。ただ、これを精神疾患や変人だからといった理由で簡単に片づけてはならないと思います。私の考える原因はこれです。私たちは社会の中でお互いを理解出来なくなっているのだと思います。その結果、お互いを理解し、思いやり、共感を持つことが出来なくなってしまったのです。この先事件についてもっと詳しい内容が分かってくるでしょう。犯人の動機も分かってくると思います。でも、私は今ただ悲しくてたまりません。なぜこのようなことが社会で繰り返されるのか私には理解が出来ません。

今日は「Hello. This is Charles Hoskinson. Warm sitting in Colorado.」がどうしても言えません。「暖かい日差しが降り注ぐコロラド」のオープニングはありません。今日で分かりました。コロラドはいつも暖かく晴れているわけではないことを。しかし、私は願わずにはいられません。明日が良い日になることを。事件の被害を受けた全ての方に祈りを捧げます。皆さん、おやすみなさい。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP