NFTとカルダノ

皆さん、こんには。チャールズ・ホスキンソンです。暖かい日差しが降り注ぐコロラドからの生放送です。今日は3月24日。私はとても刺激的で楽しい一日を過ごしたので、寝る前に1本ビデオを作ろうと思いました。

現在私達カルダノはアロンゾへの移行に向けて万全を整える努力をしています。そんな中、お気づきの方もいるかもしれませんが、最近私はNFTをいじって遊んでいます。分かってはいるのです。オラクルやステーブルコインについてなどやるべきことはたくさんあると。ただ、日に日に存在感を増すNFT市場を知ることも大変重要なのではないかと思っています。

カルダノには、カタリストからメタデータ標準、データの扱い方、アセットまで、ネイティブな機能が組み込まれており、おそらく長期的にはNFTを発行し、管理し、当事者間で転送するための最良のプラットフォームの一つになると思います。また、信頼できるハードウェアを検討することも非常に重要なことだと思います。私は実験を続けていて、他のプラットフォームも使っています。例えば、TEZOSやIOSTなどです。

今年のカルダノで私が最も楽しみにしている事は、多くのピースが集結するように素晴らしいコミュニティが創造され、本当にクレイジーでクールなことが出来るようになることです。過去にこれと同レベルのものを見たのはイーサリアムの誕生を目の当たりにしたときのみです。しかし、イーサリアムとは異なる点もあります。まず、私達にはカタリストがあり、カタリストは飛躍的な成長を遂げています。今でこそカタリスト登録者は2万人程度ですが、これはほんの始まりに過ぎません。私は今後半年から1年の間に10万人以上の人々がカタリストに集まってくる可能性があると思っています。パートナーとの提携や資金提供後のアクセラレーション・インキュベーション(起業家のビジネスを促進させる事業)の監査と監督も検討しています。企業やパートナーに関する発表は今後数ヶ月から数週間のうちに行う予定です。

月末のCardano 360イベントが近づいてきました。私にとって特別なイベントとなりますので、ぜひ皆さんにお聞いて頂きたいと思います。この番組には多くの人が参加し、多くの情熱が込められています。

360イベントにはデビッドが登場します。彼がイベントを見られない人のために共有可能な要約文章を作成します。従って、イベントを見られない方でも、実際に何が起きたのか、何をしているのか、何を達成したのかなど、ハイレベルなサマリーをご覧いただけます。それでは、イベントで皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP