サプライズAMA

皆さん、こんにちは。仮想通貨トラベラーの一人、チャールズ・ホスキンソンです。今日は2月22日。コロラドより生放送でお届けしています。

まずは私の今日一番のサプライズをお話ししますね。レックス・フリードマン(Lex Friedman)からメールが届いたのです。メールには「こんにちは。レックス・フリードマンです。私は面白いなと思った人にインタビューをしています。あなたの事をポッドキャストで見ました。あなたにインタビューしたいです。」と書いてありました。彼はイーロン・マスクさんにもインタビューをしたそうで、イーロン・マスクさんの事を「エンジニア」と呼んでいました。思わず笑ってしまいました。

今日は一日中忙しくしていました。2日後にはメアリーハードフォークがあるし、鳥さん達の到着が今月末から来月の初めごろに迫っているからです。今週も始まったばかりなのにくたくたです。今日が何曜日かも分からなくなってきました。月曜日ですか?火曜日ですか?もうどうしようもないですね。

それでは、質問に答えていきましょう。

Q. ユニスワップ(Uniswap)を使用する予定ですか?
A. まだ決めかねています。プロトコルのコピーはするかもしれません。

Q. あなたが着ているのは着物ですか?
A. いえ、浴衣です。皆さんもいつか着物と浴衣の違いが分かる時が来ると思います。

Q. 価格予想は?
A. カルダノは価格予想などしません。聞くのはやめてください。

Q. ジーン・シモンズの件についてどう思いますか?
A. ジーン・シモンズさんの登場はカルダノにとって全く予想していなかった事で本当に驚きました。ケータイに入って来たニュースで知りました。彼とは会った事も話した事もありません。今後カルダノからのアプローチで彼とポッドキャストなどで話せる機会が出来るといいなと思います。

Q. ハスケル(Haskell)コース開催の予定はありますか。
A. あります。ガーナです。ガーナには特別な思い入れがあります。何年も前、私が大阪に住んでいた頃よく通っていたバーがあります。お店の名前は「グットタイム」でした。レゲエバーで「エディー」というガーナ人の男性が経営していました。エディーは私が日本で出会った人の中で一番良い人でした。ハスケルコースの開催地にガーナを選んだのは、いつか彼の国に貢献したいと思っていたからです。

Q. カルダノはイーサリアムのガス代問題を解決する事が出来ますか?
A. はい。出来ると思います。

Q. あなたの部屋は散らかっていますね。
A. これでも気に入っています。

Q. セルシウス(Celsius)取引所と取引をするつもりですか?
A. なんとも言えません。

Q. カルダノがインド政府と交渉していると噂になっていますが本当ですか?
A. 噂に過ぎません。ただ、コネクションはあります。

Q. 24歳で暗号研究者(Cryptographer)になるのを夢見るのは遅すぎますか?
A. いいえ。数学とコンピューター・サイエンスに強ければ道は開けます。

Q. コンピューター・サイエンスと数学、学ぶとしたらどちらが難しいですか?
A. 数学です。

Q. テレビを見る頻度はどのくらいですか?
A. 私はテレビを見ません。

Q. あなたのその髭は自前ですか?
A. 実はラッセル・クロウからの借りものです。

Q. お好み焼きは好きですか?
A. もちろんです。大阪名物です。

Q. あなたが考える過去一番の過ちは何ですか?
A. イーサリアムの創設に携わったことです。

Q. カルダノのディスコードに入った事はありますか?
A. いいえ。一度もありません。私を名乗る人がいても私だと思わないでください。

Q. あなたのストレス解消法を教えてください。
A. 一つは間違いなくAMAです。

最後に、今日の当選者を発表します。当選したのはアントニオ・ラファエル君です。プロフィールによれば、アントニオ君は21歳のメキシコ人です。彼は経済的な理由で目の手術を受けられない叔母さんを助けたいそうです。分かりました。アントニオ君に500ドルを送ります。

それでは、今日のAMAはここで終わりにしましょう。おやすみなさい。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP